映画レビュー

シリーズのある種の頂点に達した『クリード 炎の宿敵』に胸が熱くなる!

(C) 2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


ロッキーが何故アカデミー賞に選ばれて映画史に燦然と輝く名作になったのか。今更ここで言わなくても、んなこと知っとるわい!と言われてしまうだろうが、ベトナム戦争の敗北によって自信を喪失した大国が再び威厳を取り戻し立ち上がらせるきっかけでもあったわけだ。おそらく当時のアメリカ人は自国の強さをロッキーに見立て、本物さながらの試合のシーンに身を乗り出し歓喜の雄叫びを上げんばかりに興奮したことだろう。
なんとなく、それが想像ついたのは、この映画を観て同じような、当時のアメリカ人の興奮に近いものを感じたからだ。思わず、拳を握りしめ身体を揺さぶりながら夢中になって見入ってしまった。特段シリーズのファンでもないのだが、何十年間に渡って脈々と紡がれてきたロッキーの一大叙事詩のバックグラウンドの壮大さが物語に奥深さを与えていた。これは単なるボクシング映画ではなく、親の遺恨を背負った宿命の物語だ。平然と見れるわけがない。様々な想いが頭の中を駆け巡り、胸が熱くなった。

[PR]


ロッキーは続編が続けば続くだけ、ソ連の戦闘サイボーグが出てきたりと、なんだか少年ジャンプのような世界観になってリアリティを失って行った(特に四作目なんか酷いもんだった)。しかし、正当な続シリーズである『クリード』によって人間ドラマとして感情の豊かさや、人間らしさを取り戻した感があり、続シリーズの二作目の本作で、これまで残されてきたシリーズの諸問題が誤魔化しなく解決され、真の決着が付いたような腑に落ちる大団円も感じた。感動もひとしおだ。

今更スタローンの演技下手を指摘するなど野暮ったらしく、逆にロッキーの棒読み台詞はもはや味であり、あれでこそロッキーなんだと言わんばかりだ。主人公の黒人青年(『ブラック・パンサー』での好演も記憶に新しいマイケル・B・ジョーダン)が婚約者にプロポーズする際に、ロッキーがエイドリアンに求婚した時どうしたかを尋ねるものの、「大昔のことだ」と言うロッキーの言葉にはそれこそ人生の重みすら感じてしまった。このような、ちょっとした台詞の背景に壮大な時間の経過と幾多の物語があるものだと感じる。ロッキーも年を取った。それだけ年月が経ったのだ。やはり時と言うのは偉大で普及の名作を映画の最新作で語り継いでいくことの重みを感じずにはいられなかった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『LION ~25年目のただいま~』母を訪ねて三千里もGoogleがあればお茶の子さいさい?

    ベンジャミン・バトンをも凌駕する、なんとも数奇な人生である。幼少期…

  2. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

    まず私が小学生高学年の時に親にアニメのVHSを買って貰ったのが20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  4. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP