映画レビュー

時代の変貌を告げた『クレイジー・リッチ!』は抑圧された人種的アイデンティティを問う現代の映画だ!

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

北米の興行収入3週連続1位で話題沸騰。
オールアジア系俳優を起用した作品としては異例中の異例な快挙。
1億ドルは軽く超えるだろうという見込みでマーベル級のヒットとなっている!
まさしく、クレイジーな現象を巻き起こしている『クレイジー・リッチ!』。

映画という娯楽が富裕層に向けた媒体であるなら、こういう映画も文句はないけど、虚構を通して庶民の日常を彩り豊かにするのが映画だと思っている俺にとってはアホ丸出しな成金映画だった。けど、そこから発想をぐるりと転換して、如何にも独身女子やゲイ受け抜群の愛憎劇を楽しむものとすれば、これはこれでアリかもと思える。要は鑑賞する側の姿勢も肝心。


とにかく主演の女がブス。レニー・ゼルウィガーを最初に観た時の違和感にも似た感じ。顔が古臭い。個人的に全然世代ではないのでいまいちピンと来ないが「男女七人夏物語」の池上季実子をどこか彷彿とさせる古臭さも併せ持っていると言う先輩方もいた。っていうのも、この映画はとにかくバブリー! 船上でシャンパンがドッカンスッカン空けられ、札束がヒラヒラ舞うような、キラッキラしたバチェラーPARTYを繰り広げるなど、今の中国バブルを象徴するかのようなシーン満載で、見てて気恥ずかしささえ思えるほど遠慮とデリカシーが無い、良い意味で。それだけ振りかぶっているのも人気の由縁だろうか。
そういったブルジョアたちが繰り広げる景気の良い話だけに、80年代の日本のバブル期のドラマと重なる人がいるのも無理はない。池上季実子なんて未だにバブル顔だもんな(笑)


そして、そんな主人公が必死に恋愛成就させようとするのが小島よしお。これまた、微妙なルックス。中国系俳優って美男美女いないのか? ま、とにかく金持ちで有名人だから、顔が悪くても「そんなの関係ねえ」ってか? そんな彼氏を持ったもんだから女友達やら、彼氏の母親やらからネチネチと嫌がらせされるわけだ。アクションという概念を変えた『グリーン・デスティニー』のミシェル・ヨーが、その姑を演じているのだが、これがダース・ベイダー並みに怖い。敵が強ければ映画は面白い。この映画の面白みは彼女にあると思った。


そんな妖怪姑ババアが拘るのは、主人公の薄らブスが「中国系アメリカ人」であるという点だ。ココ重要。姑は純粋な中国人。伝統やしきたりを重んじる保守的な彼女にとって、主人公はあくまで国籍がアメリカの外国人であり、異質物であると。そんな異質物を自分の家系に入れる訳にはいかない。主人公は裕福ではない家柄的にも余計に気に入らない。

[PR]


加えて、例えば中国系アメリカ人の主人公が、中国人でありながらも、中国人としても認められず、アメリカでも肩身が狭いといったモヤモヤに悩む姿は、米国内に多く存在する○○系アメリカ人とか移民の共感を得ることは想像に易い。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で主要人物を演じ、心無いヘイトを受けたアジア系女優ケリー・マリー・トランのように、やはり○○系と呼ばれる人たちは差別されている。#metooだの、#TimesUpだの、黒人人権だの、LGBT合法化だの率先して言ってる割には、こういった差別意識は根深く残っている。皆モヤモヤしているのだ。
もちろん、これはアジア系だけに止まらない、中東系、欧州系、みんなそう。この映画の空前のヒットの最大の要因は、そういう抑圧された○○系と呼ばれる人たちのアイデンティティの解放感と高揚、その反映なのではないかと感じずにはいられない。

それらを豪華絢爛なビジュアルと、お馴染みのヒット曲の中国語カヴァー、堂々としたアジア臭全開で魅せるという今までハリウッドには無かった手法で、振りかぶった『クレイジー・リッチ!』こそ、古い慣習によって差別に苦しむ人の励みとなり、人種や国籍について柔軟な考えを世に提示したという点では、2010年後期の時代性を鑑みても、重要な映画だと言えるだろう!
“カメラを止めない”ことに注目している、島国育ちの日本人には届かないだろうが。国籍とか普段は意識しないだろう問題でも、これから2020年の東京五輪が近付くにつれ、否応にも外国人が多くなっている現状だからこそ、この映画で感じることは多いはず。アメリカでの大ヒットを余所に見向きもされてないけど、ま、観て損はない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…

関連記事

  1. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

  2. 映画レビュー

    『レッド・スパロウ』で初ヌードを見せたジェニファー・ローレンスの女優魂に圧倒される!

    時代の寵児であるジェニファー・ローレンスが果敢にもキャリア初と…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ゴースト・イン・ザ・シェル

    囲碁の名人が人工知能に負けたというニュースを見て、人類はこのま…

  4. 映画レビュー

    ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

    30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録し…

  5. 映画レビュー

    『スカイスクレイパー』義足でもテロと闘う超人ロック様に痺れる!

    映画が好きなら誰しも思うだろう『ダイ・ハード』と『タワーリング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  3. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  4. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP