映画レビュー

【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

juoumovie©2016劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会 ©2016 テレビ朝日・東映AG・東映

今絶大な人気のジュウオウジャーの劇場版。
素晴らしかったです!子供映画として満点!
子供の泣き声を集める今回の魔人に対し、子供たちが魔人の恐怖に打ち勝ち、泣くのを辞めるといった勇気の物語。
イーグルが、「この地球はいろんな生き物が繋がって共存しているんだ!」と、ヒロイズム全開の名台詞を叫び、赤としてのかっこ良さもきちんと描かれている。イーグルの演技も普段よりも数倍増しで、気合が入ってて本当に素晴らしかったです。中尾暢樹は本当に演技が上手く、有望性を感じます。第二の松坂桃李のようにブレイクしてほしいですね!

「本能覚醒」「この星を舐めるなよ」など、お決まりの台詞も、劇場版となれば、いつもよりもビシッとかっこよく決まっていましたし。6人が戦い活躍するシーンで、お馴染みのオープニング曲が流れた時に感じる<興奮>と<カタルシス>、ヒーロー戦隊とはこうあるべきだという理想的なシーンだったと思います。
これらを、わずか30分で描き、劇場版としてスケールアップもしていたのは凄いです!

水戸黄門、ドラゴンボール等、今の日本には<勧善懲悪>というものが無くなりつつあります。善が勝ち悪が滅びる。この単純明快な正義論をいつの時代も継承させる戦隊もの、それが世代を引き継ぎ支持されていることに安堵感を覚えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. ポール東京ドーム初日を観た!
  3. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

  2. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観とは。

    いつから人々は“働くこと”をネガティブに捉えはじめたのだろうか? …

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

    スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ジェイソン・ボーン

    (C) Universal Picturesこの映画を作る意味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  3. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  4. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP