映画レビュー

【映画鑑賞日記】ピートと秘密の友達

pitofriend(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

凄くいい映画でした。優しい映画。
ディズニーの古典芸・原点とも言うべき、子供に向けた温かい映画。
もとは日本未公開の実写とアニメの合成映画『ピートとドラゴン』(1977)のリメイクなので、日本初上陸ということになります!

東京ディズニーランドの初代エレクトリカルパレードで、緑色の大きなドラゴンの鼻から煙がバーッと出て来るのを見て「あれは一体何なんだ?」と幼心に思った方も多いと思うんです。あれが、エリオットだったわけですね。
そのリメイクで、しかも完全な実写。ドラゴンも毛並など細部まで拘ってますし。
俳優も、R・レッドフォードや、最近売れてるブライス・ダラス・ハワード(ジュラシック・ワールドでお馴染み)など、一流の俳優が出てますので、侮れません。

徹底したファンタジー、友情、親子、環境保護、反文明、大人の私欲と子供の純真さの対立構造など、ウォルト・ディズニーの志であり、王道のメッセージ性で作られた作品です。なので、とにかく優しい。
その潔さを俺は買いました!
最近のディズニーは、やたらと自らの古典名作アニメを、独特の新解釈で実写化してますが、どれも首をかしげるんですよね。
『マニフィセント』なんか悪役の魔女の母性を描いたり・・・
『不思議の国のアリス』は戦うし・・・
『ジャングル・ブック』はモーグリが人間界に帰らないし・・・
それはそれで斬新なアイディアだとは思うので否定はしませんが、根底のメッセージ性を見失ってる気がしてならない。こんなんで果たして実写化が話題になってます、超名作『美女と野獣』に泥を塗らないか心配です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  2. 映画レビュー

    横浜流星と中尾暢樹の戦隊俳優が魅せる感涙の王道青春映画『チア男子!!』が熱い!

    いい映画を観たなというのが率直な感想だ。朝井リョウ原作の青…

  3. 映画レビュー

    『キャプテン・マーベル』最終決戦前の最重要作品!男性主義もサノスもぶっ飛ばせ!

    マーベル好きとしては非常に意味深い作品だったと思う。アベンジャ…

  4. 映画レビュー

    『パワーレンジャー』が成功したのは若者の青春群像劇を多様性でもって描いたこと!

    スーパー戦隊の映画といえば夏は30分、冬は60分以内で終わることを…

  5. 映画レビュー

    『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』役者のコントが秀逸な新生ジュマンジに抱腹絶倒!

    北米では、当時、絶対的王者だった『スター・ウォーズ/最後のジェダイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
PAGE TOP