映画レビュー

【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

biohazardlast

この映画の存在意義は2つあると思っています。

まずは、ゾンビ映画の進化と向上!
古典『ナイト・オブ・リヴィング・ザ・デッド』でゾンビは歩くものと定義され、それをひたすら守り続けたハリウッドが、2002年のダニー・ ボイル監督作の『28日後…』によってゾンビが走ることが許されました。同時期公開の本作により、ゾンビがダッシュで追いかけてくる鬼ごっこ要素が加わり、ゾンビ映画の迫力と恐怖が進化したことは画期的だったと思います。

そして、女性戦士の描写の定着!
過去に『G.I.ジェーン』(1997)でデミ・ムーアが女性戦闘員を演じても、ハリウッドの女優像を破ったと大きな話題になりましたが、同様に、このシリーズで描かれたミラ・ジョボビッチが、傷だらけになってゾンビと戦う姿は、当時、新鮮だったのを覚えています。女優が戦う映画というのも、このバイオの成功によって定着したかなという印象も受けます。
ミラ自身が演技派でないにも関わらず、リュック・ベンソン監督によって世界的知名度を得たことで、こういうアクション女優として起用しやすかったのかなと思いますが。シリーズ通して、全く老けなかったミラの美貌には脱帽でした。

とにかく、日本産ゲーム原作ということもあり、4作目では中島美嘉が出演したり、今作もローラが出演したりと、日本に造詣が深い映画でした。(しかし、今回のローラの脇中の脇役扱いは、もう少しどうにかならなかったのでしょうか?笑)
日本産のコンテンツが世界でここまで成功したという点は今でもレアで(ファイナル・ファンタジーは映画史に残る大惨敗ですし)特筆すべきことだと思います。日本のアイディアが世界で通用する証明にもなったという意味で。

同時多発テロからイラク戦争勃発までのギスギスした世界の不穏な時代性の中、この映画は必然性を以て誕生した気がします。その頃の世界の感情を視覚的に表していた気がします。その世界の終末描写は流石のものです。
7作もコンスタントにやっていれば飽きられるものですが、新鮮味を失ってもそれだけ支持されヒットしてきた同シリーズって凄いなと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ハリウッドと日本映画の差を感じざるを得ない圧倒的娯楽作!

    日本のゴジラが人形劇に思えるくらいに力の差を見せつけられた気がした…

  2. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  3. 映画レビュー

    『アントマン&ワスプ』物理学の常識を自在に遊びまくる発想が見事で楽しい!

    『インフィニティ・ウォー』(以下、IW)が絶望的な内容だったの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  2. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  5. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP