映画レビュー

【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

biohazardlast

この映画の存在意義は2つあると思っています。

まずは、ゾンビ映画の進化と向上!
古典『ナイト・オブ・リヴィング・ザ・デッド』でゾンビは歩くものと定義され、それをひたすら守り続けたハリウッドが、2002年のダニー・ ボイル監督作の『28日後…』によってゾンビが走ることが許されました。同時期公開の本作により、ゾンビがダッシュで追いかけてくる鬼ごっこ要素が加わり、ゾンビ映画の迫力と恐怖が進化したことは画期的だったと思います。

そして、女性戦士の描写の定着!
過去に『G.I.ジェーン』(1997)でデミ・ムーアが女性戦闘員を演じても、ハリウッドの女優像を破ったと大きな話題になりましたが、同様に、このシリーズで描かれたミラ・ジョボビッチが、傷だらけになってゾンビと戦う姿は、当時、新鮮だったのを覚えています。女優が戦う映画というのも、このバイオの成功によって定着したかなという印象も受けます。
ミラ自身が演技派でないにも関わらず、リュック・ベンソン監督によって世界的知名度を得たことで、こういうアクション女優として起用しやすかったのかなと思いますが。シリーズ通して、全く老けなかったミラの美貌には脱帽でした。

とにかく、日本産ゲーム原作ということもあり、4作目では中島美嘉が出演したり、今作もローラが出演したりと、日本に造詣が深い映画でした。(しかし、今回のローラの脇中の脇役扱いは、もう少しどうにかならなかったのでしょうか?笑)
日本産のコンテンツが世界でここまで成功したという点は今でもレアで(ファイナル・ファンタジーは映画史に残る大惨敗ですし)特筆すべきことだと思います。日本のアイディアが世界で通用する証明にもなったという意味で。

同時多発テロからイラク戦争勃発までのギスギスした世界の不穏な時代性の中、この映画は必然性を以て誕生した気がします。その頃の世界の感情を視覚的に表していた気がします。その世界の終末描写は流石のものです。
7作もコンスタントにやっていれば飽きられるものですが、新鮮味を失ってもそれだけ支持されヒットしてきた同シリーズって凄いなと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『search』を観た!控えめに言っても大傑作!ここ数年で1番の大傑作と評したい!

    控えめに言っても大傑作である。素晴らしいアイディア、完璧な映画だ!…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドクター・ストレンジ

    いろんな映画を観ていると時に、その映像に驚愕する時がある。…

  3. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観とは。

    いつから人々は“働くこと”をネガティブに捉えはじめたのだろうか? …

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP