映画

興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

image source:http://www.imdb.com/title/tt5311514
/mediaviewer/rm3024826368
© 2016「君の名は。」製作委員会

この快進撃いつまで続くのか?
遂に『君の名は。』の興行収入が184億9000万円に達し、今月中にも『もののけ姫』(193億円)を、年内にも『ハウルの動く城』(196億円)を抜いて日本映画興収歴代2位に浮上することがほぼ確実な勢いだと言います。
凄い勢いなのは分かってはいたけど、ここまでとは思わなかった。
せいぜい『もののけ姫』を超えるか超えないかのラインで健闘を讃える感じかなと。
若い人は知らないと思いますが『もののけ姫』の社会現象も相当のものでした、当時はシネコンがない時代、都内の映画館で次の次の回まで満席ですと言われ、結局地元に帰っても行列で立ち見入れてパンパンの状態で見たんですからね・・・それ以上の現象が2016年に起こってると思うと、鳥肌が立つくらい嬉しくなる。

この映画、彗星の描写がアニメの域を超えた美しさで、そこには映画的なダイナミックさとスペクタクルも感じられるシーンで未だに印象深いのですが、間違いなく映画館で観るべき映画だと断言できるので、リピーターが多いのも納得。同じ映画は二度は観ない俺でさえ、二回目と三回目まで考えてるくらいです。

で、いろいろと1年を締めくくる時期になってきまして
流行語大賞にもノミネートされたそうです。
レコード大賞の劇中歌部門的なものにもノミネートされたようです。
RADWIMPSにも注目が集まっています。(それならレコ大取らせろよ!)
主題歌「前前前世」は10週連続カラオケで1位だそうです!(確かにコレ盛り上がります)
年末にかけても『君の名は。』旋風は止まらなそうです!!!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 邦楽

    PPAPが世界的ブーム化

    世界的ブームとなっているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペ…

  2. 邦楽

    THE YELLOW MONKEY 復活!

    これは夢か幻か・・・こんなことが現実に起きうるものなのか!…

  3. 邦楽

    SMAP「世界に一つだけの花」オリコン首位に返り咲く

    解散の衝撃を受けてファンが動いているようである。SMA…

  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!

    もはや、年末の恒例行事でございます!俺が独断と偏見で勝手に選ぶ「今…

  5. 邦楽

    宇多田ヒカル、本格的に再始動!

    宇多田ヒカルの新曲のタイトルが決定!「花束を君に」とい…

  6. テレビ・芸能人

    さんまのまんま終了に際して思うこと

    「さんまのまんま」が終了する。放送開始から31年の長寿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  2. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  5. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
PAGE TOP