映画

興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

image source:http://www.imdb.com/title/tt5311514
/mediaviewer/rm3024826368
© 2016「君の名は。」製作委員会

この快進撃いつまで続くのか?
遂に『君の名は。』の興行収入が184億9000万円に達し、今月中にも『もののけ姫』(193億円)を、年内にも『ハウルの動く城』(196億円)を抜いて日本映画興収歴代2位に浮上することがほぼ確実な勢いだと言います。
凄い勢いなのは分かってはいたけど、ここまでとは思わなかった。
せいぜい『もののけ姫』を超えるか超えないかのラインで健闘を讃える感じかなと。
若い人は知らないと思いますが『もののけ姫』の社会現象も相当のものでした、当時はシネコンがない時代、都内の映画館で次の次の回まで満席ですと言われ、結局地元に帰っても行列で立ち見入れてパンパンの状態で見たんですからね・・・それ以上の現象が2016年に起こってると思うと、鳥肌が立つくらい嬉しくなる。

この映画、彗星の描写がアニメの域を超えた美しさで、そこには映画的なダイナミックさとスペクタクルも感じられるシーンで未だに印象深いのですが、間違いなく映画館で観るべき映画だと断言できるので、リピーターが多いのも納得。同じ映画は二度は観ない俺でさえ、二回目と三回目まで考えてるくらいです。

で、いろいろと1年を締めくくる時期になってきまして
流行語大賞にもノミネートされたそうです。
レコード大賞の劇中歌部門的なものにもノミネートされたようです。
RADWIMPSにも注目が集まっています。(それならレコ大取らせろよ!)
主題歌「前前前世」は10週連続カラオケで1位だそうです!(確かにコレ盛り上がります)
年末にかけても『君の名は。』旋風は止まらなそうです!!!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. ポール東京ドーム初日を観た!
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?

関連記事

  1. ライブレポート

    METROCK 2018【東京 2日目】ライヴレポート

    春から夏に変わろうとしている五月下旬。毎年恒例と化しているME…

  2. アカデミー賞

    主演女優賞大本命のグレン・クローズがまたもオスカーを逃した理由とは?

    『天才作家の妻』名演に関わらず今回も“無冠の女王”健在!『天才…

  3. ライブレポート

    【BUMP、ヤバT、あいみょん】COUNTDOWN JAPAN 1819 1日目ライヴレポート

    年の瀬もロックではしゃぐのが最高じゃないかと参加し続けて個人的…

  4. テレビ・芸能人

    松本人志のタウンワークCMにWANIMA登場!

    今の10~20代若者のカリスマバンドWANIMA我々30代…

  5. 邦楽

    GReeeeNがTV初出演することに苦言を呈す

    ヒットすればいいって話ではない。歯科医と二足の草鞋を履いて歌手…

  6. 邦楽

    国民級巨大イベントを終え、サザンは今後…

    この夏、邦楽シーンの話題を一気にかっさらい、復活ライブを国民的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
  4. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
PAGE TOP