ハリウッド

映画『ジョーカー』狂騒曲~あの階段が新たな観光名所に!近隣住民から反発も~

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

空前のヒットとなった映画『ジョーカー』で最も印象的なものとして多くの人が挙げるだろう場面は、あの「階段」のシーンではないか。道化師アーサーが社会の理不尽さに抗うように犯罪を繰り返した挙げ句に、ゲイリー・グリッターの「ROCK AND ROLL PART2」に合わせて、陽気に踊りながら階段を降りていくシーンは、まさに希代の悪役の誕生物語としては全てを凝縮しているかのような象徴的なシーンである。

実は今その階段が大変なことになっている。日本でも『君の名は。』や『天気の子』で劇中に出てきたシーンの舞台を映画のファンが訪れる「聖地巡礼」現象が起きるが(今夏は田端の駅前が大変なことになっていた)、まさに世界中から映画を観たファンが毎日大挙押し寄せているというのだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

New York Magazine(@nymag)がシェアした投稿


しかし、ここは例えば同じ階段といっても『ローマの休日』のスペイン広場や、『ロッキー』のフィラデルフィア美術館とは違い、観光名所でも何でもない、単なるごくごく普通の町並みの中にある階段である。今でも朝方は通勤ルートであり、昼間はキッズがスケートボードをする場所に過ぎないのだが、インスタ映えを狙った観光客やコスプレイヤーに占領されてしまった。通行妨害、ゴミ問題、交通問題など、その数の多さから、近隣住民は迷惑がってるということだ。遂には、Googleのストリートビューには「ジョーカー階段」と命名されてしまったという。

[PR]


階段には地元住民に敬意を払ってほしいとの注意書きが貼られているようで、紙の最後には「これはジョークではない」(映画『ジョーカー』と掛けている冗談)と付け加えられているんだとか。階段の近くに住む男性は「このブームが早く去ってくれるのを望んでいます。」と米Gothamistに話しているという。
(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~

関連記事

  1. ハリウッド

    フラーハウス旋風が鳴り止まない!

    全米でスターウォーズや大統領選並みにトレンドになってるのが…

  2. ニュース

    『君の名は。』ジブリの牙城を崩し興収200億突破の快挙!

    これで洋画も含めた日本国内の興行収は1位『千と千尋の神隠し…

  3. アカデミー賞

    『グリーンブック』勝利!第91回アカデミー賞が示したネット配信映画の拒絶は正しい!

    司会者の不在や、女性・人種・移民・LGBTなど様々な方面で騒がれていた…

  4. ニュース

    【ラスベガス銃乱射事件】セレブ続々追悼の中、マライアやらかす!

    今アメリカは岐路に立たされている。アメリカは世界屈指の銃社会である…

  5. ハリウッド

    実写版『美女と野獣』が異例の大ヒットを記録中!

    エマ・ワトソン主演、名作アニメの実写版『美女と野獣』が異例…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  4. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP