ハリウッド

2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

© 2018 ROCKinNET.com All rights reserved.

いよいよ本格化してきた賞レース。2017年に輝いた名作映画や俳優たちが名を連ね、ハリウッドは華やかなムード一色である。昨年2017年と言えば、人気映画の「フランチャイズ化」が特徴として挙げられるだろう。そんな大作には世界的スターも出演していることはもちろんだが、マーベルやDCなどスタジオ名(銘柄)が保証されているようなものだから、新人俳優たちが多く起用されたことも特徴的である。一時期は、トム・クルーズに代表されるように、スターの顔で客を引き付けていたハリウッドだが、ここ数年は、無名の新人俳優がいきなりハリウッド大作の主演を務めることも珍しくなくなった。映画の規模に関わらずだ。そんな一躍スターダムに伸し上がった新人俳優で、今や人気急上昇中のイケメン俳優たちを青田刈りしてしまおうと思う!

まず、最初に挙げたいのは今絶賛大ヒット公開中の『キングスマン ゴールデン・サークル』で主人公を演じているタロン・エガートン

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

1989年11月10日生まれの28歳。英国出身。『キングスマン』(2015年)で一躍ブレイク。タレ目で優しそうな印象を受けるが、同作を観れば一目瞭然の超絶アクションを熟す肉体派。着やせするタイプなのか、同作内でも裸を披露しているが筋肉隆々で結構ごっつい。スーツの着こなしが似合うわけだ。2015年にはGQ JAPANの「50 best-dressed British men」の一人に選ばれ、引き続き2016年も選ばれている。

[PR]


そして、2017年の年下男子好きな貴女たちを虜にしたのが『スパイダーマン ホームカミング』で主演を務めたトム・ホランドだ!

© Marvel Studios 2017. © 2017 CTMG. All Rights Reserved.

1996年6月1日生まれの21歳。英国出身。コメディアンで作家の父と写真家の母というアーティストの家系に生まれたトム。スタジオジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』の英国版で神木隆之介が演じた少年の声を担当した。マーベル作品『スパイダーマン』で大ブレイク。『白鯨との闘い』『ザ・カーレント・ウォー』など多くの作品にも出演しており、今後さらなる飛躍が期待される俳優だ。幼い顔からは想像もつかないが、体操選手並みに運動神経が良く、バク宙なんてお手の物なスポーツ系男子!

次は、『ジャスティス・リーグ』プロモーションの為の来日時に空港に400人ものファンが詰め寄せて大いに話題となったエズラ・ミラー

出典:ens-newswire.com
Photo © Lauren Nolting courtesy Greenpeace

1992年9月30日生まれの25歳。米国出身。2011年公開の『少年は残酷な弓を射る』の演技がカンヌ国際映画祭で絶大な賛辞を集めて注目を集める。DC映画で「FLASH」を演じ、世界的にブレイク。その前から大作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などにも出演していた演技派。自らの性を「クイア」と定義づけ、純粋な異性愛者、LGBTではないことを公言している。実際に、淫靡さというか、妖艶さも併せ持った不思議な魅力が特徴的である。

そして、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に出演して「あの美少年は誰だ!」と話題となったブレントン・スウェイツ

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1989年8月10日生まれの28歳。オーストラリア出身。既婚者であり子供もいる。ディズニー映画『マレフィセント』で頼りない王子役を演じて注目を集める。その後も、大作『キング・オブ・エジプト』で主演を務めるなど、大活躍中の俳優である。2018年はテレビドラマ「Titans」に出演が決定している。どこか天然っぽさもある可愛い雰囲気が女性のハートを掴むのかも知れない。まるで小動物のような健気でキュートな顔立ちとは裏腹に、身体は筋肉隆々。サーフィンも熟すイケてるパパだ。けど、バイセクシャル疑惑が根強い。

chloepaceyさん(@chloepacey)がシェアした投稿

次は、ハリー・スタイルズばかりが注目を集めてしまった『ダンケルク』で主役を務めたフィン・ホワイトヘッド

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

1997年7月18日生まれの20歳。英国出身。クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』に抜擢されるまでは全くの無名俳優で、舞台やテレビドラマ数本しか出演したことが無かった。『ダンケルク』の主役に大抜擢される一年半前までは皿洗いをしながらオーディションに通っていたという。まさにシンデレラ・ボーイである。同作に出演したことで、次々に出演映画が決まっている。

最後は、今年の映画賞レースで注目を集める『君の名前で僕を呼んで』で主人公を演じるティモシー・シャラメ

imdb.com

1995年12月27日生まれの22歳。米国出身。高校で芸術を学び、コロンビア大学に入学後、ニューヨーク大学に編入するほどの秀才。イタリアの避暑地を舞台に、彼がアーミー・ハマー演じる24歳の青年と恋に落ちていく様が描かれる『君の名前で僕を呼んで』で主人公を演じ、世界中の女性を釘付けにしている美少年。映画も早くもオスカー主演男優賞の本命候補として名乗りを上げていることで、彼への熱視線も止まらないようだ。

いかがだろうか?
貴女の好みのイケメンはいただろうか。どの俳優も将来有望なスター候補。今後が楽しみなイケメン俳優たちである。もちろん、顔だけで渡っていける程ハリウッドは甘くない。どんどん演技も磨いていって、数年後にはオスカー候補となって欲しいと思う。アイドル俳優には厳しい業界ではあるが、彼らの将来が素晴らしいものであるように切に願う!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. ハリウッド

    BBCが選んだ21世紀の映画4位に『千と千尋』1位は・・・?

    10位 『ノーカントリー』(コーエン兄弟、2007)0…

  2. アカデミー賞

    ジョディ・フォスターが遂にカミングアウト

    先日のゴールデン・グローブ賞で話題をかっさらったのは他でも…

  3. ハリウッド

    SWのルーク役マーク・ハミルが遂にハリウッドの殿堂入り!往年のライバル映画俳優とバトルも!

    世界興行収入が歴代9位の特大ヒットとなった『最後のジェダイ』を…

  4. ハリウッド

    『キングスマン』第3弾は2019年秋に決定!原作者は堺正章をNetflixで起用に意欲?

    映画『キングスマン』シリーズ第3弾が、2019年11月8日に全…

  5. ハリウッド

    ポール『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作に出演決定

    ポール・マッカートニーが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  3. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP