映画

【新作映画PR】林遣都主演 2月17日公開『チェリーボーイズ』予告動画公開

2018年2月17日(土)より
シネ・リーブル池袋、渋谷 TOEI ほか全国ロードショー

いつも大変お世話になっております。このたび、2018 年 2 月 17 日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷 TOEI ほか全国劇場公開となる『チェリーボーイズ』(製作:東映ビデオ/マイケルギオン)の予告編、場面写真が解禁となりましたので、ご案内申し上げます。
とある地方都市、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な3人組。揃いも揃って 25 歳の童貞で、寝ても覚めても考えることは女性と SEX のこと。そんな負け組認定の冴えない童貞3人組が、自分を変えるためにとった行動とは…。いざ、脱童貞大作戦!!原作は童貞漫画の金字塔として高い人気を得ている古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)。童貞3人組の主人公で通称:クンニこと国森信一にはデビュー以来、多くの話題作に主演し、存在感を示してきた実力派の林遣都。共演に通称:ビーチクこと吉村達也に「MEN’S NON-NO」モデルを務めながら、個性派俳優としても活躍する栁俊太郎。同じく通称:カウパーこと高杉誠には CM「au 三太郎シリーズ」の一寸法師役で話題を集め、現在も朝ドラ「わろてんか」に出演中の若き名バイプレイヤーの前野朋哉。その 3人組の脱童貞大作戦のターゲットにされるヒロイン・釈笛子には池田エライザ。今注目の若手女優が、大胆キャラに扮し、体を張った熱演で童貞3人組を見事に迎え撃つ。
監督は、助監督として黒沢清監督、滝田洋二郎監督、篠原哲雄監督、長崎俊一監督、三池崇史監督に師事してきた西海謙一郎。監督自ら原作の実写映画化を熱望し、本作にて長編映画でデビューを飾る。脚本は『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』などの監督として独特な世界観のクリエイターとして注目を集めている松居大悟。
エンディングを飾る主題歌、斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYS の「GO! GO! Cherry Boy!」が本作の主人公たちを応援する。


【STORY】
とある地方都市に住むボンクラ 3 人組――国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。揃いも揃って 25 歳になっても童貞をこじらせている。3 人集まって考えること、話すことは、上手く行かない世の中への愚痴と女性と SEX のことのみ。そんな負け組認定の男達が、自分と人生を変えるためにある計画を立てた!?いざ、脱童貞大作戦へ!

【西海謙一郎監督からのコメント】
助監督という商売をはじめて 25 年。長篇映画を撮るチャンスは僕にはありませんでした。しかしこの度、クンニ、ビーチク、カウパーの童貞歴25年が僕の25年と見事にシンクロし、やっと発射することが出来たのです!「やらなければ一生クズのまんまだ」撮影で挫けそうになった時、僕はクンニの言葉をいつも呟いていました。とにかく今は僕の発射に力を貸していただいた皆様に感謝の言葉しかありません。これからも飛ばしたいです。ピュッて!

【原作・古泉智浩さんからのコメント】
今のご時勢にあってこの映画の攻めの姿勢がすごすぎないでしょうか。原作者ではあるのですが、監督やスタッフの皆さん、出演者の方々がこんな原作に携わっていただき感謝と共にリスクが心配でなりません!

公開表記:
2018年2月17日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国ロードショー
配給:アークエンタテインメント
Ⓒ古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉
池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若
山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬
吹越満 立石涼子
監督:西海謙一郎 脚本:松居大悟 原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊) 主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ) 音楽:石塚徹×鈴木俊介 製作:間宮登良松 エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:中野剛 原田博志 松嶋翔 キャスティングプロデューサー:眞野雄次 撮影:沖村志宏 照明:鳥越正夫 録音:山田幸治 美術:山本直輝 編集:太田義則 スタイリスト:杉本京加 ヘアメイク:知野香那子 特殊メイク:三好史洋 VFX スーパーバイザー:井上英樹 アクション監督:根本太樹 制作担当:雲井成和 タイトルロゴデザイン:井上則人 スチール:井上貴之 ポスターデザイン:杉山ハジメ 音楽プロデューサー:田井モトヨシ 音楽制作:ロードアンドスカイ・オーガニゼイション パブリシティ:アティカス 制作プロダクション:マイケルギオン 製作:東映ビデオ マイケルギオン 配給・宣伝:アークエンタテインメント
2018 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+ ©古泉智浩/青林工藝舎・2018 東映ビデオ/マイケルギオン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ポール東京ドーム初日を観た!
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 【徹底比較】映画のエズラとドラマのグラント“フラッシュ”に適してるのはどっち?

関連記事

  1. ハリウッド

    『君の名は。』アニメ界のアカデミー賞「アニー賞」ノミネート

    アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞のノミネートが発表され…

  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

    2017年6月末神戸港から日本で初めて発見された非常に危険とさ…

  3. 映画

    SWが妖怪ウォッチに負ける?日本という国は奇っ怪なり!

    先週末に封を切った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全…

  4. ハリウッド

    世界を恐怖に落し入れる『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が北米で空前の大ヒット!

    原作者キングも絶賛!空前の大ヒットを記録!スティーヴン・キング…

  5. 映画

    驚愕のヒットを記録中の『パイレーツ・オブ・カリビアン』今回がラスト!

    あの『美女と野獣』を超える特大ヒットシリーズ最高傑作の呼び声も…

  6. 映画

    実はレズ映画?『アナと雪の女王』旋風が止まらない!

    国内の興行成績が100億円を超したとかで、これは洋画だと201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  2. ライブレポート

    Mr.Children25周年東京ドーム公演で感じた邦楽の良心
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
PAGE TOP