ハリウッド

【遂に結論?】『ブレードランナー』続編監督が明かす、デッカードは“人間か?レプリカントか?”議論の落としどころ!

TM & ©2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

※注意※
この記事の内容は『ブレードランナー2049』に関するネタバレが含まれております。
閲覧の際には、くれぐれもご注意ください。

映画ファンの間で35年もの長きに渡って議論されている謎がある――
それは『ブレードランナー』におけるハリソン・フォード演じるデッカードが「人間なのか?」「レプリカントなのか?」という問いだ。そんなのどっちでもいいじゃないか・・・・・・と言ってしまっては映画が面白くなくなるし、この作品の本質が付けなくなるし、謎めいた名作の抽象描写を語り合うことこそ映画の醍醐味とも言えるじゃないか。

なぜデッカードがレプリカント説が流れたのか?

そもそも、この議論の発端は先月2017年10月に公開された『ブレードランナー2049』の30年前の前作『ブレードランナー』において、ハリソン・フォードがレプリカントは6人潜伏してると言われるも、1名が死亡し、残り4名しか出演していないことで、6人目の存在を疑問視する声が多数あった。
また、決定的なのが、デッカードが見たという、彼しか知る由もない“ユニコーンの夢”を、ラスト・シーンでLA市警のガフが折ったとされるユニコーンの折り紙が置かれていたことで「何故、ガフはユニコーンのことを知っていたのか」という疑問に起因する。要するに、デッカードしか知らないユニコーンの夢を、外部の人間が知っていると示唆したことで、デッカードの記憶は造形物であり、デッカード自体がレプリカントであると遠回しに言っているのでは? と、皆が思ったのだ。

スコット監督はレプリカント派!それにハリソンが反論!

ただ、これは1992年に発表されたディレクターズ・カット版にしか追加されていないシーンで、公開当初は製作側が「あまりに芸術的すぎる」との拒否反応を示したから、あえなくリドリーがカットしたとされる。
このことからも分かるように、リドリー・スコット監督はデッカードをレプリカントにしたいと思っているのだ。これに、主演のハリソン・フォードが反発。デッカードは人間だという主張をし続け、両者は長い間、険悪な仲になっていた。最近になってハリソンが融和姿勢を示しているが。

続編監督が明示した的確な解決論

結局のところ、監督や主演俳優でさえも意見が分かれている状況なのだ。
なら、考えたってしょうがないじゃん! と思われるだろうが、続編を務めたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、どっちの意見に偏向するとかではない、実にナイスな回答をしていた。

私は一体どうしたらいいんだろうと(笑)。そう悩んでいたところ、その答えとなりそうな一節を、原作であるフィリップ・K・ディックの小説に見つけることができました。要約すると「ブレードランナーたちは常に人造人間を追っているので、もしかしたら自分もそうじゃないかっていう疑問を持ち始める」というくだりがあって、それが大きなヒントとなりました。

私は『ブレードランナー』の中で、デッカードが自分のアイデンティティに対して疑いを抱くシーンがすごく好きなんです。つまり、彼自身も、自分の存在が何者なのか分かっていないんです。そのため、私は今作でみなさんに「答えを明確にする」というよりは、「あらためて疑問を投げかけたい」と考えています。

© 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

要するに主人公の戸惑いや心理描写を観客に投影するというものだ。その手があったかと思わず唸った。実際に、続編でも主人公であるライアン・ゴズリングが演じる「K」も、レプリカントが妊娠し出産した禁断の子供が自分であるかと大きく戸惑う。鍵となる木馬と誕生日の数の記憶は、生まれた過程で得たものなのか、誰かに植え付けられた創造物なのか・・・・・・前作のテーマを巧みに引き継いでおり、よく出来た続編だなと感心に値したが、そのミステリーこそ、すべてドゥニ監督の狙い通りだったということである。
自分のアイデンティティさえ分からない苦しみと切なさを一貫テーマとすることで、謎を解明する単純な物でなく、シリーズをより深めるための続編として機能し、見事なまでに成功したのだった。

© 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ま、続編で前作から30年間分デッカードも年齢を重ねていたのは人間的ではあるし、かと言って、砂漠の荒れ果てた地で食料も水も限られた環境で30年間も人間が老いながら生きられるとも限らないことを考えればレプリカントそのものであるし。解明でなく、落としどころを提示した意味でも、続編の存在意義は大きい。

引用:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1508989581

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。
引用の際はURLとリンク記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  2. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

    2017年6月末神戸港から日本で初めて発見された非常に危険とさ…

  2. ハリウッド

    1Dハリーがノーラン監督作でハリウッド・デビュー決定!

    活動休止を発表し以降はソロ活動に専念することになったワンダ…

  3. ハリウッド

    遂に雪解けか?テイラーの民主党支持発言をアノ宿敵が絶賛!

    先日、自身のインスタグラムで米中間選挙を前に、共和党女性議員を…

  4. 映画

    『君の名は。』遂に興収128億突破で『風立ちぬ』超す!

    快進撃は止まりません!今だ大ヒットしている『君の名は。』の…

  5. ハリウッド

    アンドリュー・ガーフィルドが同性愛カミングアウトでバッシング

    今年日本公開された『沈黙』『ハクソー・リッジ』の熱演も記憶に新…

  6. ハリウッド

    『ライオン・キング』がまさかの実写化

    やめとけ・・・監督は『アイアンマン』シリーズでもお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  4. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  5. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
PAGE TOP