アカデミー賞

【祝・主演男優賞】ゲイリー受賞に元妻が“案の定”大抗議!それに反論した意外な人物は・・・?

hollywoodreporter.com

先日の第90回アカデミー賞で大方の予想通り見事、主演男優賞を初受賞した名優ゲイリー・オールドマン。蓋を開けてみれば、他を寄せ付けない圧倒的な存在感だった。他の役者も素晴らしいっすけどね。ただ、スピーチは感謝する人の名前をツラツラと挙げるだけで面白くなかったが(笑)

そんな祝祭モードをブチ壊す存在が“案の定”現われた。以前から、噂されていたゲイリーから電話で殴られたとDVを主張する元妻だ。彼女は三妻に当たるそうだが、彼女は「彼に賞は相応しくない」と声を上げているようだ。また、「私たちは進化したのだと勘違いしていた。#metoo運動っていったいなんだったの?」と、昨今ハリウッド最重要課題である#metooや#TimesUp運動が影響されなかったという批判までしている。
この噂により票が大きく動いて、ティモシー・シャラメが史上最年少での主演男優になるかもしれないとまで言われたほどだった。

この第三妻によれば、ゲイリーは2001年に自分へ肉体的虐待したと主張している。電話で彼女を殴ったとして、裁判所にも訴えている。しかし、ゲイリーは「電話を挟んで口論していたところ、立ち去り際に誤って当たってしまった」と意図的な暴力ではないと主張。




この三妻の主張に真っ向から反論したのが、彼女とゲイリーの間に出来た実の息子であるガリヴァー。全面的に父親を擁護している。父のDV疑惑を「事実無根である」と訴えている。

「(疑惑の)事件があったとされる当時、ぼくはその場にいた。だからこそ、父は無実だとハッキリ言える。父のDVを主張をしているのが誰であれ、その人物は嘘をついている」と暗に父親の栄冠に水を差す母親を批判している。両親(三妻とゲイリー)が離婚する際にも「(妻を殴る男に対して、親権が渡されるはずはない」と持論を展開。「父はぼくにとってヒーローだ」とゲイリーの初オスカーを讃えている。

事実の真相は分からない。しかし、DVが真実であれ虚偽であれ、大袈裟な被害妄想であれ、女性の意見や立場が優遇されがちな今の風潮である#metooの暴走のほうが恐ろしい。ゲイリーのようにオスカーを獲得した人間だから、こういった告発は「あくまで過去の話で疑惑でしかない」で済むが、立場の弱い男性が行き過ぎた#metooで被害を受けないことを望みたい。

出典:tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/38443.html

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…

関連記事

  1. アカデミー賞

    アカデミー賞ボイコットが徐々に広まる

    第88回アカデミー賞に映画監督のスパイク・リーと、ウィル・…

  2. アカデミー賞

    ジョディ・フォスターが遂にカミングアウト

    先日のゴールデン・グローブ賞で話題をかっさらったのは他でも…

  3. アカデミー賞

    スピルバーグ監督がアカデミー賞の候補からNetflix作品除外を提案

    個人的な感想として、先日のアカデミー賞の結果を受けてNetflix…

  4. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】メッセージ

    宇宙人襲来映画は腐るほどあるが、その中でも群を抜いて素晴らしい…

  5. アカデミー賞

    今年の最低映画は・・・あのSM映画

    原作が世界的ヒットとなり、社会現象にまで発展したSM映画『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  4. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  5. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
PAGE TOP