アカデミー賞

前代未聞の発表間違え!オスカー軍配は『ムーンライト』!

なんせ今年のオスカーは最後の最後で波乱中の波乱が起こりました。
作品賞のプレゼンターで登場したのは、『俺たちに明日はない』のボニー&クライド。フェイ・ダナウェイと俳優ウォーレン・ベイティでした。ベイティが封筒から紙を取り出したけど、すぐには読み上げず、何かうろたえている様子。紙を見せられたダナウェイが『ラ・ラ・ランド』と叫びました

が、しかし!『ラ・ラ・ランド』の関係者が喜びのスピーチをしている最中に、背後でスタッフと思しき人物がウロウロと。『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが「本当の受賞作品は『ムーンライト』です、これは冗談じゃありません」と『ムーンライト』と書かれた紙を掲げました。

会場は騒然!!
ウォーレン・ベイティは「封筒を空けると“主演女優エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』”と書かれていたんだ。で、フェイの方を見たんだが・・・」と弁明。どうやら、スタッフが違う封筒を渡してしまったようです。俺なんかは毎年同じこと繰り返すくらいなら多少のハプニングあった方がオモロイと思ってしまう悪戯なタイプですが、エンターテイメントの分野では世界最高峰の祭典の場です。89年間やってきて初となる大失態。早速、世界中でtwitterが荒れてる模様(笑)
けど、その後に『ラ・ラ・ランド』側の関係者も、エマも、『ムーンライト』が好きであること、受賞して当然の作品であることを述べ、『ムーンライト』の監督も『ラ・ラ・ランド』が素晴らしい作品であることを受賞インタビューで述べているので、互いが健闘し合えたということは素敵な光景だなと思いました。そもそも、どちらが受賞したって腑に落ちる結果でした。ってことは、何でもいいんですよ、アカデミー賞なんて。受賞結果は作品の優劣ではないんだということを再確認した気がします。

結果はこうです!
●作品賞・・・『ムーンライト』
●監督賞・・・デミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
●主演男優・・・ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
●主演女優・・・エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
●助演男優・・・マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
●助演女優・・・ビオラ・デイビス『Fences』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  3. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…

関連記事

  1. アカデミー賞

    ゴールデン・グローブ賞『ラ・ラ・ランド』が史上最多7部門受賞

    いよいよ始まった本格的な映画賞レース・シーズン。アカデ…

  2. アカデミー賞

    スピルバーグ監督がアカデミー賞の候補からNetflix作品除外を提案

    個人的な感想として、先日のアカデミー賞の結果を受けてNetflix…

  3. アカデミー賞

    オスカー予想

    最近は観てもいない映画がほとんどなのに他の映画賞の結果だけ…

  4. アカデミー賞

    遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れるのか?

    公開11週目を迎えても未だに大ヒット驀進中の『ボヘミアン・ラプソデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

[PR]

人気の記事

  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
PAGE TOP