2019年 6月

  1. 音楽

    二大歌姫のテイラーとケイティが世紀の和解!結びつけたのはテロとクッキーとLGBT??

    テイラー新曲MVで奇跡の共演!冷戦に完全終止符!MVでお互いが身を寄せ合う姿を披露!こんな奇跡的な和解が実現するとは夢にも思っていなかった(…

  2. 映画レビュー

    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』MCU新章への布石を青春テイストを崩さずに描いた傑作続編!…

    ※注意※当記事は映画の結末には直接触れてはいませんが、多少のネタバレを含んでいますので、未鑑賞の方は読まないようにご注意願います。読むか否かの判断は読者…

  3. 映画レビュー

    『ザ・ファブル』浅はかなギャグで自らアクション映画の看板に泥を塗る駄作中の駄作!

    関係者とファンの皆さんごめんなさい!この『ザ・ファブル』くっだらないっすわ!なんだか浅はかだなと感じた。映画だけでなく、観客の反応もだ。暴力描写の狭…

  4. ライブレポート

    サザン40周年ライヴ千秋楽を観た!「ふざけるなツアー」のセトリがコアな選曲だった理由とは!?

    2018年6月25日にサザンはデビュー40周年を迎えた。ファンはどんなスペシャルな活動が発表されるか首を長くして待っていた。しかし、全国ツアーは翌年春と…

  5. 映画レビュー

    MIBテイストを踏襲しながらMetooをもクリアした新時代の『メイン・イン・ブラック:インターナショ…

    続編の度に迷走してたように見えたMIBシリーズだが、このスピンオフで面目が保たれたように感じる。全くの別物だとか、邪道と言われようと、そもそもMIBって…

  6. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変。そのくらいの完成度に感動を覚える。思えば、1992年のアニメ版『アラジン』は『美女と野獣…

  7. 映画レビュー

    テッド化したピカチュウも愛くるしい『名探偵ピカチュウ』程良い家族向け映画

    おっさん声で喋るのも劇中で理屈が通るのでOK!結局「ポケモン」はピカチュウなんだなと思った。その愛らしさも何もかもピカチュウ無しでは何も語れないのだなと…

  8. 映画レビュー

    横浜流星と中尾暢樹の戦隊俳優が魅せる感涙の王道青春映画『チア男子!!』が熱い!

    いい映画を観たなというのが率直な感想だ。朝井リョウ原作の青春映画と聞いて観ない訳にはいかないと思った、その期待は裏切られることは無かった。はっきり言…

  9. 邦楽

    【サークルばっかの最近のフェスに違和感】METROCKでフォーリミがキレた件に激しく同意してしまう!…

    手グーパー、ツーステ、スカダン・・・いつの間にか個性を失った邦楽フェスでのノリ実は、邦楽ロックフェス界隈で、どうもここ数年感じていた違和感があった。…

  10. 映画レビュー

    大根キアヌが暴走するだけの荒唐無稽なSF映画の駄作『レプリカズ』!

    出来そうで出来ないがSF映画のリアリティこの手のSF映画を許容できるのは「いつか現実世界でも起こり得る」かも知れないと思わせられるか否かに掛かっていると…

  11. 映画レビュー

    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ハリウッドと日本映画の差を感じざるを得ない圧倒的娯楽作!

    日本のゴジラが人形劇に思えるくらいに力の差を見せつけられた気がした。凄いのひと言。大スクリーンで見ることを想定して計算された怪獣のサイズの描き方には、本当に…

最近の記事

  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  5. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
PAGE TOP